バイクとの出会いと別れ

憧れのバイク

私が通っていた高校は、免許の取得が認められていませんでした。そのため、高校を卒業と同時に原付免許を取得し、スクーターに乗っていました。父親がバイクに乗っていたので、小さいころからバイクに憧れていました。そのため、スクーターでしたが、初めて自分で運転できたのでとてもうれしい気持ちで一杯でした。でも、しばらく乗っていると、力がないことや公道を自動車と一緒に走る恐怖心から、もっと大きいバイクに乗りたいという気持ちが生まれてきました。

自宅には父が乗っている古いバイクですが、CB750FcとVT250Fがあります。普通自動二輪の免許を取得したらVT250Fに乗ってもいいと言われたので、絶対に乗るぞと言う気持ちで教習所に通いました。ようやく免許が取得でき、憧れの自動二輪に乗ることができました。古いバイクですが、原付とは大きさも力強さもまるで違いました。アクセルを少しひねるだけで、急な坂道も楽に走れるのには驚いてしまいました。

V型2気筒の独特のエンジン音や振動が、とても魅力的なVT250Fです。長い時間運転していると振動のせいか手首が痛くなりますが、細身の車体などのため足つき性もよく乗りやすいバイクです。きれいに磨いて、大切に乗っていきたいと思っています。

バイク遍歴

私のバイク遍歴を辿ってみると、初めてバイクに乗ったのは高校生の時で知り合いのお兄さんが乗っていたヤマハのJOGでした。免許を取ると移動範囲がグッと広がり海に山に遊びに出掛けた覚えがあります。卒業後は隣県の専門学校へ行ったのですが、移動手段の確保のためバイクも持って行ったのですが、夏休み明けにアパートに戻ってみると防犯チェーンだけ残っていた悲しい思い出があります。

専門学校を卒業後、ボロボロのホンダのマグナ50を格安で購入し、結構お金を掛けて手直しをして乗ってみたのですが、まぁ、これが走らないこと!噂には聞いていたけど本当に上り坂は10kmぐらいしか出ませんでしたねー。バイク買取査定サイトでバイク王の評判をみて売ろうか迷っていたのですが、通りすがりの高校生がどうしても売ってくれというので、泣く泣く(本当は笑い)売却しました。

そろそろ大きなバイクに乗ってみたいなと思い、中型免許を取得して親戚の家にあったレブル250にも乗ってみました。やはり50ccとは違い安定しているのですが、足でブレーキを踏むというのがどうしても慣れずセーフティードライブ(50km/h)で過ごしました。そうこうするうちにチョイノリで日本一周するという暴挙に出た人の記事を読み、これ可愛いなと思い欲求が止まらず某オークションで7,000円で購入しました。走行距離も700kmしか走っておらず、程度も良かったので今ではメインで使用しています。本当はドラッグスター250にも乗ってみたいのですが、何処か良いタイミングで巡り会いたいですね。